第34回 岡山WEBクリエイターズ「レスポンシブとEC」のお知らせ

開催概要

20151017-okaweb-title

イベント名 第34回 岡山WEBクリエイターズ「レスポンシブとEC」
開催日時 2015年10月17日(土) 13:30-16:30 (開場13:00)
会場 岡山ムーブアップカフェ
岡山県岡山市北区田町1-2-4
定員 50名
出演予定 岩波 裕之、上林 洋介、靳(jin)
司会進行 後藤 誠(CODE54)、堀田 愛子(HUMBERT)
参加費用 会場参加(早割) : 3,000円(10/8(木)まで)
会場参加(通常) : 4,000円
フォローアップ参加 : 3,000円 (スライド・動画の配布)※当日参加できない方向け
※直前のキャンセルは、キャンセル費用が発生します。キャンセル規定はこちら
主催 岡山WEBクリエイターズ事務局
協賛 KDDIウェブコミュニケーションズ、アイシップ
20140208-bnr_kddi 20151017-bnr_aiship
書籍協賛 技術評論社マイナビ
懇親会 定員35名、費用3,500円
※直前のキャンセルは、キャンセル料が発生します。キャンセル規定はこちら
twitterタグ #okaweb
対象者 Web 制作会社に勤務している方、フリーランス、一般企業のWeb 担当者、Web 業界に興味のある学生・生徒、その他(参加資格や制限はありません)
お申込み お申込みフォームより

セッション

なぜ”レスポンシブ”がこれからのECサイト構築運営に最適なのか?これまでのECサイトと何が違うのか?150社レスポンシブECサイト導入例を考察し、レスポンシブECサイトを完全理解するセミナー

2016年にはネットに接続する端末でスマートフォンがPCを上回ると言われています。

モバイルユーザがECサイト利用の中心となるばかりでなく、
2015年4月「Googleモバイルフレンドリーアップデート」により、
さらに今後ECサイトのモバイル対応が大きくGoogle検索順位に影響するようになりました。

すでにECサイトのモバイル対応次第でユーザ満足度のみならず、Google検索でサイトが表示しないという事態も避けて通れません。

この激動するEC市場のモバイル化・マルチスクリーン化というパラダイムシフトの中、
今一度ECサイトの構成も再考することを迫られています。

Q.急増する”引継ぎ利用”にECサイトはどのようなUI/UXで対応すべきなのか?
Q.既にスマホ対応で限界をむかえるPC/スマホ別ページ構成のECサイトとレスポンシブは何か違うのか?
Q.モバイル/マルチスクリーン対応の3つの方法とそれぞれのメリットデメリットは?
Q.Googleはなぜレスポンシブを推奨するのか?

など、今多くのECサイト運営に携わる人が直面するECサイトのマルチスクリーン対応課題について、
150社のレスポンシブECサイト事例から、
”これまでのECサイト”から”レスポンシブECサイト”へ移行した場合の効果考察-「SEO効果約147%、CVR167%、制作運営の手間が半減」、
EC運営担当者がレスポンシブECサイト構築する際に必ず押さえるべきポイント、
事例「三愛水着楽園様:売上前年比200%の理由」「ブラデリスニューヨーク様:スマホ対応の手間が大幅に削減したその理由」
を紹介し、レスポンシブECサイトを徹底的に完全理解いただく内容です。

◆講演内容予定
・ECサイトの2つのトレンド-モバイル化とマルチスクリーン化
・急激伸長する「引継ぎ利用」へのUI/UX対応
・モバイル/マルチスクリーン対応 3つの方法とメリットデメリット、適したECサイト
・Googleはなぜレスポンシブを推奨するのか?
・これまでのECサイトとレスポンシブの違い
・レスポンシブ150社導入実績から考察するレスポンシブECサイトの効果
 (SEO効果約147%、CVR167%、制作運営の手間が半減)
・制作現場担当者がレスポンシブECサイト制作する際に必ず押さえるべきポイント
・[事例紹介A]売上前年比200%の理由
・[事例紹介B]スマホ対応の手間が大幅に削減したその理由
など

20151017-iwanami

岩波 裕之 (いわなみ・ひろゆき)
株式会社ロックウェーブ 代表取締役
http://www.rockwave.co.jp/
http://www.aiship.jp/

膳所高-同志社工学部-トヨタ自動車(株)-(株)セブン-イレブン・ジャパン-(株)ロックウェーブ創業
立命館大学大学院経営学研究科MBA取得。

トヨタでモノづくりを学び、セブンイレブンで流通を学ぶ。その後インターネット流通で人の役に立つために、「未だ知られていないが、本当に必要とされるクラウド型ECプラットフォーム」の開発提供を行う。

[レスポンシブECでの連載メディア等]
■ITメディア 連載「モバイル化/マルチデバイス化時代のEC事業」2013/6~2013/12
http://www.itmedia.co.jp/keywords/multi_devices.html
■ECzine 連載「レスポンシブECサイトのススメ」2014/03~2015/03
http://eczine.jp/author/21
■自社メディアモバイルファーストマーケティングラボ
http://www.aiship.jp/knowhow/
■日経情報ストラテジー 2013.6 「レスポンシブWEBデザインについて」
■販促会議 2013.4 「PCファーストからスマホファーストへ」
■日流新聞 など

制作者から運営者になってわかった、ECサイトの実践例と課題

いかに売上を上げられるかはECサイト運営の最大の課題です。しかし、良い商品やサービスを提供しても、それらの良さがお客様に伝わらなければ売上につながることができません。当セッションでは、制作者から運営者という立場になり「伝わるECサイト」を目指して、弊社が自社ECサイトで行っている取り組み、実体験、課題をご紹介します。

20151017-jin

靳 威 (ジン・イ)
株式会社WY 代表取締役。ディレクター/デザイナー/カメラマン
http://www.wy-coltd.jp/

中国内蒙古包頭市(北京から車で約6時間、現代的な田舎町)出身。1999年、留学生として来日。
吉備国際大学にて経営学を専攻し、企業のブランディングを研究していたのがきっかけでコマーシャル制作に興味を持ち、岡山県立大学のビジュアルデザイン研究科に進学。写真・動画撮影を中心にデザインを学ぶ。
卒業後、岡山市内の総合デザイン事務所にてWEBデザイナーとして企業サイトやECサイトの制作を行う。
2013年に独立し、ECに特化した会社(株式会社WY)を設立。国内主要モールにてショップを運営。商品の企画 → 輸入 → コンテンツ制作 → 販売 → アフターサービスをすべて自社で行い、お客様との距離が近い会社であることを信条としている。2014年は開店してわずか1年で楽天市場「パソコン・周辺機器」ジャンル約5000店舗の中から週間MVP「楽天市場ショップ・オブ・ザ・ウィーク」を受賞。

■WY Style楽天市場店
http://www.rakuten.co.jp/wystyle/

EC制作者サイドでやっておきたい、レスポンシブや高速化の使えるTips

ECサイトは速度が命!
ページの読み込み速度が1秒遅くなる度に、コンバージョン率が7%下がると言われています。
効果的なECサイトを実現するために、多数のレスポンシブECサイト立上げやリプレイスのから生まれたTipsをご紹介します。

20151017-kanbayashi

上林 洋介 (カンバヤシ・ヨウスケ)
株式会社ロックウェーブ アプリケーション開発部/モバイルファーストマーケティングラボ 編集長
http://www.rockwave.co.jp/

15歳の時に初めて携帯電話を手にして約15年。
モバイルの面白さ、奥深さに魅了され、モバイルファーストASP、aishipの導入支援、新規提案を中心に業種問わず様々なクライアントをサポート。
合わせて情報サイト、「モバイルファーストマーケティングラボ」の編集長として、毎日モバイルマーケティングの情報を発信中。

「インターネットでより豊かな人生を」がモットー。

お申込みについて

●参加希望者は下記の参加申込みフォームからお願いします!