第41回 岡山WEBクリエイターズ「これからの時代に必要なウェブコンテンツの設計と制作」

開催概要

日々の進化がめまぐるしいウェブ制作業界ですが、ウェブサイトが増えれば増えるほどコンテンツの重要度はウェブサイトの価値を決める判断基準になっています。ユーザー自身がそれを選ぶかどうかの基準はデザインだけではなく、コンテンツの質に依存しているといっても過言ではありません。そこで今回は、ウェブコンテンツの設計と制作についての本質を理解し、日々の制作のヒントになるセッションをさまざまな視点からお伝えします。

イベント名 第41回 岡山WEBクリエイターズ 「これからの時代に必要なウェブコンテンツの設計と制作」
開催日時 2017年6月24日(土) 14:00-17:00 (開場13:30)
会場 岡山ムーブアップカフェ
岡山県岡山市北区田町1-2-4
定員 60名
出演予定 長谷川 恭久、英 誠一朗
司会進行 後藤 誠(CODE54)、堀田 愛子(HUMBERT)
参加費用 会場参加(早割) : 4,000円 (5/24(水)まで)
会場参加(通常) : 5,000円
フォローアップ参加 : 4,000円 (スライド・動画の配布) ※当日参加できない方向け
※直前のキャンセルは、キャンセル費用が発生します。キャンセル規定はこちら
主催 岡山WEBクリエイターズ事務局
協賛 KDDIウェブコミュニケーションズ
20140208-bnr_kddi
書籍協賛 技術評論社マイナビ
懇親会 定員40名、費用3,500円
※直前のキャンセルは、キャンセル料が発生します。キャンセル規定はこちら
twitterタグ #okaweb
対象者 Web 制作会社に勤務している方、フリーランス、一般企業のWeb 担当者、Web 業界に興味のある学生・生徒、その他(参加資格や制限はありません)
持参品 名刺(名刺交換タイムがあります。学生さんなどは手作り可)、筆記用具
お申込み お申込みフォームより

セッション

調整中

調整中


長谷川 恭久(はせがわ・やすひさ)
http://www.yasuhisa.com/


Web/アプリに特化したデザイナー・コンサルタントとして活動中。組織に入って一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためにできることを模索している。
アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。
自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。
著書に『Experience Points』など。

調整中

調整中


英 誠一朗 (はなふさ せいいちろう)
株式会社四国新聞社 メディア室メディア事業部
四国新聞メディア株式会社 デジタル事業部マネージャー


1976年高松市鬼無町生まれ。国立高松工業高専制御情報工学科卒。1997年四国新聞社入社。編集局に配属され、新聞の見出しやレイアウトを行う整理部で新聞制作の仕事に携わる。その後、システム部門を経て、2000年よりインターネット部門へ異動。デジタル事業での収益化を目指す。
※CSS Nite in TAKAMATSU 実行委員会

お申込みについて

●参加希望者は下記の参加申込みフォームから参加表明をお願いします!